FC2カウンター なすかの世界 虹を架ける者--------第24話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虹を架ける者--------第24話


 アイセント王国とデイザー王国の国境に当たる、巨大石――メガラロックの麓、崩落した小城の前に立つ野営テントの中で、イリス王国の第1王女であり、『巫女』の地位にあるルーティの話は続く。
「私とアーリィが国を出て旅をしているのは、この『結晶』の力を取り戻すためです」
 『結晶』の力が弱まっているのは以前から感じていた。たが、旅に出ることを決したのは、半年前に起きた事件のためだった。
「半年前?」
 特に思い当たることもないシンディは、その事件は、イリス国内でも小さなものだったのだろうと推測した。だが――――、
「はい・・・半年前に・・・あの恐ろしい出来事が・・・・・・!」
 ルーティは無意識に拳をかたく握り締めて、小さく肩を震わせた。そんな主人の様子を痛々しそうに見つめたアーリィは、主人の両肩にそっと手を添えた。

―――半年前の出来事――――

 その日、ルーティは『結晶』を祀っている神殿の最奥で、王国の安寧を祈っていた。傍には、侍女であるアーリィと、『結晶』が生み出した聖獣、小猿のキャッパーだけが控えていた。
 そこへ、普段の落ち着きぶりから想像もできないほど、血相を変えたナムレスが駆け込んできた。
 ここは神聖な祈り場。本来であれば、男性の入室は禁忌である。気色ばんだアーリィはナムレスを咎める。
「ナムレス様!いかに宰相である貴方様とはいえ、ここは男子禁制の場ですよ!」
「承知している!だが、ルーティさまに火急の知らせだ!」
 沈着冷静なナムレスらしからぬ、怒気をはらんだ声に、祈りを捧げ続けていたルーティは振り向いた。
「何事ですか?」
 さっとルーティの前に進み出て、ひざまずいたナムレスは、苦渋に満ちた表情と声で告げた。
「ただちに・・・お城にお戻りください・・・!国王陛下と王妃陛下が・・・・・・」
 一瞬、言いよどむナムレス。
「・・・?お父様とお母様がどうしたというのです?」
 不穏な空気を感じ取ったルーティは、胸の前で手を組み、ナムレスの次の言葉を待った。
「カイリス市長との謁見中に襲われ・・・国王陛下はお亡くなりに・・・王妃陛下も重傷を・・・」
「何ですって!?」
 ルーティは目の前が暗くなるのを感じた。かろうじて立っていられたのは、王女としての気構えを、幼い頃より叩き込まれていたためだろう。
「すぐに・・・戻ります!」
 ルーティはキャッパーを肩に乗せると、アーリィとナムレスを伴って帰城した。そして、両陛下が運び込まれたという、王族の私的な部屋が並ぶ棟の一室に案内された。
「お父様!お母様!」
 その部屋に、勢いよく走り込んだルーティは、部屋の奥に並ぶ二つの寝台のうち、片方に寝かされている人物の顔の上に、白布が置かれていることに衝撃を受け、立ち止まってしまった。
 その寝台に顔をうずめ、泣きじゃくっていた6・7歳くらいの少年が、ルーティの入室に気付いて顔を上げた。
「あねうえ!ちちうえが・・・ははうえが・・・!」
「・・・・・・レオン」
 それまで、呪縛されたかのように動きを止めていたルーティの足が、動き出した。
 弟であり、イリス王国第1王子であるレオンディクトの傍に歩み寄ると、少年は今度は姉であるルーティに取りすがって泣き始めた。
 しっかりと弟を抱きとめたルーティは、顔の上に掛けられている白布を、そっとめくり上げた。
 布の下から出てきたのは、彼女がよく知っている、だが、まったく生気の感じられない父王の顔だった。
「お・・・お父様・・・・・・」
 それ以上の言葉が出てこず、ただただ見入っていると、背後のもう一つの寝台から、か細い声が聞こえてきた。
「ルー・・・ティ・・・・・・」
 はっとしたルーティは振り向いた。そこには、胸から腹部にかけて、無残に切り裂かれ、血にまみれたドレスをまとった母が、力なく横たわっていた。
「お母様!」
 ルーティは、レオンディクトを抱きかかえたまま、母の寝台に駆け寄った。
「ルーティ・・・・・・よく・・・聞いて・・・」
「お母様!お母様!無理をなさらないで!今は静かに、安静にしてください!」
 そう叫ぶルーティの瞳から、知らず知らず、涙が溢れてきた。
「いいえ・・・よく、聞いて・・・」
 王妃は、力ない手を懸命に伸ばすと、ルーティの頬に触れた。
「七色に・・・輝く泉・・・を、探しなさい・・・・・・」
 ルーティは、頬に触れる母の手に、自らの手を重ねる。
「七色の泉?」
「その泉で・・・・・・『結晶』の力を・・・取り戻すのです」
「『結晶』の力を・・・?」
 泉のことも、『結晶』の力を取り戻すという話も、ルーティは初めて聞いた。
「いい・・・ですね?泉を・・・探す・・・のです、よ」
 そこで王妃は、今度はレオンディクト王子を見つめる。
「あなたは・・・王に、なるのです・・・姉様の言うことをよく聞いて・・・立派な王に・・・ね?」「ははうえ・・・・・・」
 王子は、目から涙を溢れさせながらも、力強く頷いた。それを見届けた王妃の手から、力が失われていった。
「ははうえ~!」
「お母様!」

 この日、イリス王国は、国王と王妃を同時に失ったのだった――――。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

ぬぉ!これはいい展開になってきたなwしかし、レオンなんてなんて懐かしい名前w
かっぱ | URL | 2009/07/15/Wed 22:13 [EDIT]
>かぱさん
なつかしい?w
これからもどんどんいろんな名前が出てくるよ~!^ー^b
なすか | URL | 2009/07/18/Sat 16:05 [EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/04/20/Fri 02:31 [EDIT]

Track Back
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2012/11/21/Wed 22:21
Copyright © なすかの世界. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。